読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らしで統合失調症、寛解したことを伝えるブログ!

家族に死に別れて、天涯孤独になり、統合失調症になったアラフィフの女性が、一人で生きていく道

統合失調症の芸能人・有名人

作家、森村桂さんと 統合失調症の関係

2004年に、64歳で病院で自殺された森村桂さんだが、 私は一度だけお会いしたことがある。 それは、当時私が勤めていた会社でのことである。 その頃、会社の婦人部が、リクリエーション活動として講演会をやる 講演してもらいたい人は誰? というアンケートを…

玉置浩二は 統合失調症なのか?

歌のうまい歌手として、いつも上位に名前の上がる玉置浩二だが 歌のうまさとともに、奇行も有名である。 ライブの途中で急に歌を止めたり 周りの人間に、ささいなことで暴力を振るったり、と なかなかハードな噂もある。 とても正常な人では付いていけないよ…

統合失調症の有名人 画家 エドワルド・ムンクについて

「叫び」の絵で有名なエドワルド・ムンクですが 北欧一の美男とも呼ばれ、かなり女性にもてていたようです。 女性関係のもつれから、数々の事件を起こします。 ムンク36歳の頃、激しい恋をしましたが 結婚を望む女性に対し、ムンクは自由な生活を望みます。 …

統合失調症 卯月妙子さんの 歩道橋からの飛び降りは躁状態で ^^;

卯月妙子さんをご存知だろうか? バリバリの統合失調症で、ストリッパーとAV女優と、漫画家と母親をやっている方です。 最初、この方の漫画を読んだ時はカルチャーショックを受けました。 私が向精神薬の離脱状態で、マンション屋上からの飛び降りを考えたの…

芥川龍之介と統合失調症

芥川龍之介実母は、統合失調症の患者で早死にした。 そのため、竜之介は、自分も同じ病気になるのではないか? という恐れを常に抱いていた。 実際に、竜之介の晩年の作品「河童」「歯車」など には 統合失調症を思わせる、幻視、幻聴の場面が出てくる。 そ…

草間彌生はどうやって統合失調症を克服し、世界の有名人になったか?

2016年4月21日、毎年恒例の「世界で最も影響力のある100人」に選ばれた 草間彌生さん(87歳)だが、子供の時から統合失調症の傾向が見られた、という。 幻聴や幻視の症状も早くから出ていて、 まあ、言うなれば、バリバリの統合失調症キャリアの草間さんが …

世界で影響力のある100人 2016  に選ばれた草間彌生は統合失調症の芸術家

アメリカ TIME誌の「世界で影響力のある100人 2016」の一人に選ばれた 草間彌生さん。87歳の快挙である。 幼い頃から悩まされていた幻覚や幻聴から逃れるために、それらの幻覚・幻聴を絵にし始めた。1957年(昭和32年)に渡米すると絵画や立体作品の制作だけ…

酒鬼薔薇聖斗(少年A)が統合失調症ではないか? と友人に聞かれたが、それは違う。

本日発売の週刊文春で、少年A(酒鬼薔薇聖斗)の 住んでいる所と顔写真が載った。 顔写真、といっても目には黒枠が貼ってある。 私などは、もう成年だし 絶歌 とかいう本も出している作家だから 作家近影、ということで、顔出してもいいだろ? と、思うのだ…

清原投手の覚醒剤中毒と 統合失調症の発症には共通点がある。それは何か?

どうも私は野球、というかスポーツが苦手で 清原選手って聞いても、投手なのかバッターなのかよくわからない。 (調べろよ、という突っ込みは止めて欲しい。興味ないので) さて、元野球の清原選手、若い時は涼しげな好青年なのに 年を取るにつれて八九三 さ…

統合失調症 玉置浩二 の場合

歌手の玉置浩二は統合失調症の噂が絶えない。 ライブの最中に、叫び声を上げたり、罵ったりしたこともあるという。 実際、玉置浩二はよく活動を休止しているのだが その原因は、おそらく統合失調症の症状が出ている時ではないか? と、推察される。 www.yout…

ASKA は 統合失調症か? 覚醒剤中毒か?

《1月9日、歌手のASKA(57才)がインターネット上で手記を公開した。 20章、95000字という長大な手記だったが、一日で消滅した。 ASKAは2014年9月に覚醒剤取締法違反で有罪になってから、表面から消えていた。そこに突然の手記発表だ。 ASKAの手記によると盗…

佐野洋子さんの鬱病と、統合失調症の共通点

私は佐野洋子さんのファンで、おそらく出版されている佐野さんの本は8割くらい読んでいると思う。 その中で佐野さんが過去に鬱病と自律神経失調症に悩まされたことを知って驚いた。 佐野さんの症状は、 「心臓が引きちぎられる感じ、身体中あちこちがしびれ…

藤圭子と統合失調症

2013年に飛び降り自殺というショッキングな亡くなり方で、我々を驚かせたが 娘の宇多田ヒカルさんの 「幼い頃から、 母の病気が進行していくのを見ていました。 症状の悪化とともに、 家族も含め人間に対する不信感は増す一方で、 現実と妄想の区別が曖昧に…

ハウス加賀屋の統合失調症について 松本キックが本をまとめた。

ハウス加賀谷と松本キックが「統合失調症がやってきた」という本を 出している。 統合失調症がやってきた 作者: ハウス加賀谷,松本キック 出版社/メーカー: イースト・プレス 発売日: 2013/08/07 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (34…

藤谷美和子と統合失調症

私は藤谷美和子の全盛期を知っている年代であるわけなんだけど 彼女はすっごく可愛かった。 美人、という分類より、「可愛い」「チャーミング」 というタイプであると思う。 さて今年53歳になるという、藤谷美和子さん デビューは1977年の「カルピーボテとチ…

おそらく統合失調症 漫画家 山田花子の場合。

このブログを読んでくださっている皆様にとって 「山田花子」はおそらくお笑い芸人だろう。 だが、昔、山田花子 という名前の女性漫画家がいた。 「魂のアソコ」とか「嘆きの天使」とか 一風変わった作風の漫画を書いていた若い女性漫画家である。 魂のアソ…

このエントリーをはてなブックマークに追加