読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らしで統合失調症、寛解したことを伝えるブログ!

家族に死に別れて、天涯孤独になり、統合失調症になったアラフィフの女性が、一人で生きていく道

身辺雑記

統合失調症 たった一人の私に、力を貸してくれた人たち

自慢ではないが、私には友達がいない。 正確にいえば友達が皆無ではないが、特別に仲の良い友達はいない。 自分が一人っ子で、一人遊びが好きなことや 大勢の人中にいると疲れてしまうことがあって 特に友達が少ないことを苦にしていなかった。 何よりも私は…

ベットは家族だった。手乗り文鳥の死からの卒業

10年半ほど飼っていた手乗り文鳥が11日に死んだ。 夏頃、しきりに片目をつぶっているのを発見。 前に病弱な手乗り文鳥の雛を飼って、3週間ほどで死んだのだが、その雛が しきりに片目をつぶっていたのを思い出した。 急いで小鳥の病院に連れて行ったの…

正月2日目、今日はフリーの日としてお出かけをする。

正月2日目は、デパートに行く、と決めていたので 出掛けた。 午後からでかけたので、デパートの福袋はほとんどなったが 人は混んでいた。 正月でも結構皆、家にいてデパートにお出かけ、くらいの娯楽なんだな と、思って、少し安心した。 もらいものの商品…

父母が残した生活の品々、始末の仕方

父母の葬式は、死ぬ前から近くの葬儀社で、打ち合わせをしてありました。 私の従姉妹が、親の葬式を出すとき、急なことで訳がわからず、葬儀社の言うままになって、かなり高い費用を払うことになってしまった、という話を聞いていたkらです。 父母ともに死…

母親が死んで1年目の大晦日、生まれてから一番苦しかった日。

母が死んで、1年目、私は母の遺した物を整理しようとしていました。 49日が済んだ後、母のベットや家具などを知り合いのおじさんに頼んで 大型ゴミ置き場に運んでもらっていました。 パジャマ、タオル、タオルケット、毛布、普段着の類は、近くの介護施設に…

このエントリーをはてなブックマークに追加