読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らしで統合失調症、寛解したことを伝えるブログ!

家族に死に別れて、天涯孤独になり、統合失調症になったアラフィフの女性が、一人で生きていく道

統合失調症 薬の副作用 錐体外路症状 (すいたいがいろしょうじょう) 

向精神薬を飲むことによって、いろいろな副作用が出てきます。

その中で大きな部分を占めるのが錐体外路症状です。

 

錐体外路というのは大脳皮質から始まる神経経路で

筋肉の伸び縮みをコントロールする場所です。

 

薬の副作用で、この場所が傷害されると、身体が思うように動かなかったり

逆に身体が勝手に動いたりします。

 

向精神薬で出現する副作用は、大きく分けて、下記の3つになります。

 

1)パーキンソン症状

 

手(指先)が震える、関節が曲げにくくなる、小刻み歩行、よだれが出る、舌がもれるなど。

 

2)アカシジア

 

じっとしていられない、という症状です。

具体的には、足がムズムズして歩きまわる、または歩き回りたくなります。

 

とにかくじっと座っているのが辛いのです。

寝ていても足がむずむずして、寝付きが悪いなどの状態が起こります。

 

3)急性ジストニア

 

筋肉がおかしな収縮をします。

 

ことに多いのは首の筋肉が引き攣れ、首が右か左(または前後)

に傾いた状態になることです。

 

また目の動きがおかしくなり、眼球が上を向いて舌が見づらくなったり

することもあります。

 

いづれも副作用止めの薬を使用することで、軽減することもあります。

(経口、または筋肉注射)

このエントリーをはてなブックマークに追加