読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らしで統合失調症、寛解したことを伝えるブログ!

家族に死に別れて、天涯孤独になり、統合失調症になったアラフィフの女性が、一人で生きていく道

統合失調症 薬がだんだん増えていくと 副作用がくる。

統合失調症の薬の副作用
私の統合失調症の症状は、幻聴、独語、不安感なのですが
 
幻聴で聞こえる言葉は決まっています。
 
「うるしばらがいない」「古新聞、古雑誌」「死んでしまえ」「ロウソクが消えた」
 
他にもあるのですが、主立ったものはこの4つが多いです。
 
 
うるしばら、といいうのは、あまりに良く聞こえるのでなんだろう?
 
と思うのですが、調べても全然判らないです。
 
漆原、という人の名なのかも知れませんが、まったく意味がないのかもしれません。
 
「うるしばらがいない」と言うのですから、多分人の名なのでしょうが、
 
誰なんだ、それは? という状態です。
 
 
独語、というのはじぶんでしゃべってしまうことですが
 
何の前触れもなく、一人で話しています。
 
これは会話になるのではなく勝手にしゃべる感じです。
 
「うるしばらがいない」
 
「雪の中で死んでいたお前を見ていた」
 
 
もう、まるで意味がわかりませんが、しゃべっています。
 
幸いなことに、それほど大きい声でしゃべるわけではないので
 
(多分)周りの人は気がつかないだろうと思います。
 
 
この幻聴、独語はそれほど辛くありません。(うっとうしいですが)
 
華麗にスルーできます。
 
 
本当に辛いのは不安感です。背中にべったり張り付いた不安感。
 
これが本当に辛いです。
 
 
幻聴と言語は消えていた時期があります。
 
それが薬を増やした時で、セロクエルを100mmから200mmにしました。
 
3ヶ月くらい幻聴、独語、不安感が消えました。
 
 
が、3ヶ月が過ぎると、またボチボチと幻聴、独語、不安感が戻ってきました。
 
そして、薬を増やした2年後には、大きな副作用に襲われたのです。
 
 
今、私はセロクエルを一日100mm飲んでいます。
 
幻聴、独語、不安感が ガンガン来ます。
 
薬を増やせば、また治まるかも知れません。
 
しかし、それは副作用もついてくる道なのです。
 
 
薬を増やすつもりはありません。できれば、もっと減らしたいくらいです。
 
 
精神関係の薬は「治療薬」ではありません。「症状を抑える薬」です。
 
その薬には免疫ができ、段々に同量では効かなくなります。
 
少しずつ増やして行って、薬の副作用に苦しむ日がくるかもしれません。
 
 
 
 
何が私たちの精神を狂わせたのでしょうか?
 
薬で症状を抑える、というよりは、その原因を突き止めて
 
その原因を少しずつ無くしていくのが、本当の治療法だ、と私は思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加