読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らしで統合失調症、寛解したことを伝えるブログ!

家族に死に別れて、天涯孤独になり、統合失調症になったアラフィフの女性が、一人で生きていく道

統合失調症の寛解後、生活習慣がおかしくなっている。

統合失調症の薬の副作用

 

私の場合、統合失調症による幻聴、副作用による痙攣

口が勝手に動く、などの症状はほとんど消えている

 

もともとお金の計算とか、家事とか、友達付き合いとか

短時間のパートとかは、問題なくこなせていた。

 

一般的に統合失調症の特徴、といわれる

「誰かから狙われている、電波が襲ってくる、誰かが悪口を言う」

 

というような、症状はなかった。

幻聴もスルーしていられた。独語はうまい具合に人中では出ない。

 

ただ、困るのは、いわれのない恐怖感だけであった。

 

私にはまだ、いわれのない恐怖感だけが残っているが

これは家を出ると治る。

 

だから、昼間は、図書館とか、ファミレスとか、マグドナルドとか

そういう場所で数時間を過ごす。

 

パートは半日だけなのだが、パートが終わった後

ファミレスとか、図書館に寄るわけである。

 

休日はもっぱら図書館で過ごす。

 

生活習慣がおかしいのは、まず食事の支度ができない。

他の、掃除とか洗濯はできるのだが、どうも料理だけが辛い。

 

そんなわけで、スーパーの惣菜や、コンビニの弁当とか

お菓子とか、そんな身体に悪いものばかりを食べてしまって

5Kg増えた。

 

あと、困るのは、睡眠がうまくとれない。

夜、細切れに寝てしまう。

 

結果として睡眠不足状態になり、時々昼寝をしては

また夜寝られなくなる、を繰り返している。

 

 

30日に通院するが、この睡眠不足状態を解決するために

医者に相談して、睡眠薬を変えてもらう、または漢方の医師に紹介してもらう。

をして、生活を改善したいと思っている。

 

料理ができない、は自分の意思でなんとかしたい。

とにかく太ってしまって、身体が重いのだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加