読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らしで統合失調症、寛解したことを伝えるブログ!

家族に死に別れて、天涯孤独になり、統合失調症になったアラフィフの女性が、一人で生きていく道

母親が死んで、天涯孤独になりました。

8年前のある日、母親が「心臓が苦しい」と言いました。

母親の背中をさすってみたり、水を飲ませてみたり、

 

背中にカイロを入れてみたり、いろいろやってみましたが

全然治りません。仕方なく救急車を呼びました。

 

病院で検査すると、血栓が身体のどこかに詰まっていて、血流が悪くなり

そのため、心臓が苦しいのだと、そして母親に体力がないので手術ができない

 

(腎臓が悪く、麻酔が使えない)ので、このまま死んで行くのを見ているしかないとのことでした。

 

私は、この事態を認めて、ただ母親を見守るしかありませんでした。

 

父親はその一年前に、夫はその5年前に、そして姉は私の幼いころ亡くなっていました。こうして私は一人ぼっちになってしまったのです。

 

あの日、私は病院の外の喫茶店でモーニングサービスを頼んでいました。

トーストとコーヒーの朝食をとっていると、急に心の中がさびしい気持ちになりました。寂しい、さびしい、地獄のように寂しい

 

人が一人死ぬということは、こんなに寂しい気持ちになるのか? と、私は思っていました。その時、携帯が鳴りました。病院からです。

 

「お母様の容態が悪くなりました。すぐ来てください」

私は走るようにして喫茶店を出ました。そして病院に向かって歩きました。

 

その時、私の心の中で小さな鈴の音が「ちりん、ちりん」と鳴りました

「ああ、今、お母さんが死んだんだな」

病院に着いたら、確かに母は死んでいました。

 

私は号泣しました。父親の死の時は少しも泣かなかったのに、母親が死んだ時は号泣したのです。私は母親が大好きでした。

母親のいない世界に生きているのが嫌でした。

 

どんな時でも、母親は私の味方でした。

「yumeちゃんはいい子だから、大丈夫よ」

 

と、言ってくれました。私は本当は母親と同時に死にたかったのです。

母親と手をつないで、一緒に死に、一緒にあの世で暮らしたかった。

 

永遠に母親と一緒に存在したかった。

けれども、そんなことは無理に決まっています。

 

私は世の中にたった一人残されました。私の味方は世の中に誰一人としていなくなってしまいました。どんな状態にあっても、人間は生きていかなければなりません。私は親に愛され、愛されることが当たり前だと思っていました。

 

親からのたくさんの愛情をもらった分、替わりとして、深い孤独を味あわなければならなくなりました。多分生きる、ということは、どこかで帳尻が合っているのかもしれません。

 

親 は先に死ぬのだから」とはよく言われる言葉ですが、死なれてみて初めてわかることがあります。私は文字通り「一人で生きて」います。それはすざましい孤独 です。

 

孤独は人の心を殺します。私の心はとっくに死にました。体だけ死ねずに生きています。体も一緒に死にたい、とは何度も思いました。

 

でも死ねないで生 きています。生きているのが幸せなのか不幸なのか、よくわかりませんけれど、私が生きているのは生物としての本能なのだと思います。

 

いつか私の心が平和になりますように

このエントリーをはてなブックマークに追加