読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らしで統合失調症、寛解したことを伝えるブログ!

家族に死に別れて、天涯孤独になり、統合失調症になったアラフィフの女性が、一人で生きていく道

統合失調症 最初にもらった薬の副作用に苦しむ

統合失調症の薬の副作用

 私は、ずっと自分のもらったお薬手帳を保管してあるのだが、

5年ほど前に最初の薬の種類がわからない。

 

なぜか? というと5年前にもらったお薬手帳のシールは感熱紙で

もう字がかすれてしまって読めない状態になっている。

 

こんなことなら、きちんと手書きで保管すれば良かった、と思うのだが

今や遅し、という感じである。

 

が、最初にもらった薬は確かエビリファイと、あと2種類だった。

 

「ああ、これを飲めば治るのね」

と、私は喜んで薬を飲んだ。

 

しかし、その薬の効き目を感じるよりも、副作用の方がきつかった。

 

統合失調症が判明してから、私はアルバイトを探していた。

ネットの中に

「ぼーっと暮らしていると症状が良くならない。少し働くか運動をしたほうが良い」

 

と、書いてあったからだ「それもそうね」と思った私は

4時間の事務バイトを決め、働き始めていた。

 

が、薬の副作用はすごかった。

まず、目の焦点が合わず、絶えず目に涙が溜まっている状態になった。

 

私は、この状態に耐えながら、無理やり目の焦点を合わせて

伝票を書いていた。

 

その他の症状としてはアカシジアが出た

 

アカシジア、というのは、主にじっとしていられなくて、足がムズムズし、動きまわってしまうものだ。

 

「エビリファイの副作用としては、足のムズムズ感、など軽いものだ」

と、書いてあるものがあるが、とんでもない。足がムズムズするアカシジアは、かなりつらい。

 

ちなみに、眼の焦点が合わなくなる、という副作用については

私は眼科医に行った。そして、視力を図ってもらうと

0.8だった視力が0.4まで下がっていた。

 

その2ヶ月ほど前にも(ドライアイの症状で)同じ眼科医に行っているのだが

「こんなに短期間で視力が落ちるなんて考えられない」

 

と眼科医に言われた。その時、メガネを勧められ、メガネの度数も測ってもらったのだが、結局メガネを作ることはなかった。。。。それで良かったと思う。

 

3ヶ月ほど耐えて薬を飲み続けたのだが(本に薬は続けないと効果がでない、と書いてあったので)とうとうバイトも続けられない状態になり、止めた。

 

そしてK医院で「この薬は副作用が強くて辛い」

と訴えたのだが、女性医師は

「これ以上弱い薬はありません」と言い放った。

 

私は諦めて、K医院に通うことを止め、薬も飲まなくなった。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加