読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らしで統合失調症、寛解したことを伝えるブログ!

家族に死に別れて、天涯孤独になり、統合失調症になったアラフィフの女性が、一人で生きていく道

統合失調症の寛解には元になる原因を無くすことが一番の近道

私が統合失調症の寛解に至ったのは

一つは飲み過ぎていた向精神薬を減薬したことが挙げられるが

 

(セロクエル200mm→現在75mm)

これはあくまで私の場合であって、すべての人に当てはまる、とは思わないで欲しい。

 

私の場合、向精神薬を減らしたのは、あくまで医者と相談して

段階的に減らしたのであって、自分の判断で勝手に減薬したのではない。

 

加えて、セロクエル、という薬が比較的副作用の出にくい薬だった、という背景がある。

 

統合失調症の薬にはいろいろな種類がある。

今では、殆どが単剤処方だが

 

昔は、いろいろな種類の薬を混在して飲む傾向が多かった。

多種類の薬を多量に飲んでいる方は、薬を止めた時、離脱作用が起きやすい。

減薬を望むときは、あくまで慎重に行動して欲しい。

 

さて、私が寛解に至ったもう一つの理由は薬減薬の他に

私が統合失調症になった、主な理由である「上階からの騒音

が半減したこと、がある。

 

私の住んでいるマンションの上階では、毎朝4時50分から30分くらい

騒音が起き、眠りが妨げられていた。

 

どういう理由かわからないが2年ほど続いていた、この騒音が

半減されたのである。

 

薬の半減と、マンション騒音の変幻、

この2つが、私の総合失調症を直してくれたと思う。

 

だが、マンションの騒音は完全に消滅したわけではない。

半分くらいは残っている。

 

私は、近い将来、このマンションを引っ越そうと決心している

「いつか、引っ越して、静かな場所に住むんだ」

と、思う心も、統合失調症の寛解に良い影響を与えている。

 

皆さんも考えてみて欲しい。

自分が統合失調症になった理由は何だろう? と。

 

原因がわかったら、その原因を少しずつ減らしていくこと。

それが統合失調症寛解への近道である。

 

現在、私は殆どの幻聴、独語が消えた。

残っているのは不安感のみである。(特に夜がひどい)

 

この不安感も、薬(多分ワイパックス)を増やせば軽減するかもしれない。

だが、薬を増やすのはよそう、と私は思っている。

 

どうしても不安感に耐えられなかったら、薬を増やすかもしれない。

だが、今のところは増薬はしないつもりだ。

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加