読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らしで統合失調症、寛解したことを伝えるブログ!

家族に死に別れて、天涯孤独になり、統合失調症になったアラフィフの女性が、一人で生きていく道

統合失調症の診断を受けたら、最初に手続きしよう、自立支援医療

ご自身、またはご家族が「統合失調症」という診断を受けたら

最初に手続きしたいのが「自立支援医療」の申請です。

 

自立支援医療 というのは、精神医療に必要な治療を受ける患者さんの

負担を軽くするために制定された制度です。

 

うつ病、躁うつ病、てんかん、不安障害と、いろいろな精神障害において

自立支援医療は使われますが

 

統合失調症、という診断を受ければ、ほぼ100%、申請が通ると思います。

 

この自立支援医療を申請するには、医者の診断書(自立支援医療が受けたい、

と医者に言えば書いてくれます。診断書には各医院、所定の診断料を請求されます。1000円から5000円くらいです。ちなみに私の場合2000円でした)

 

医者の診断書を持って、各市役所、区役所などに行けば、自立支援医療の申請用紙をくれます。それに必要事項を記入して診断書とともに出しましょう。

 

役所に申請して、だいたい1~2ヶ月で、自立支援の手帳がもらえます。

(ちなみに私の場合は、役所から書類が送られてきて、その書類を役所に持って行き、書類と引き換えに自立支援手帳をもらいました)

 

この手帳があれば、統合失調症にかかる医療費は1割負担で済みます。

おまけにデイケアのひようなども1割負担です。

 

医療費が1割負担になるだけではなく、1ヶ月に支払う医療費の上限が決められます。

 

生活保護を受けている過程なら、医療費は無料になります。

  • 市町県民税が非課税で、本人収入年間80万以下の場合、1ヶ月の医療費は2500円が限度です。
  • 市町県民税が非課税で、本人収入年間80万以上の場合、1カ月の医療費上限は5000円です。
  • 市町県民税が2万円以下の場合 1ヶ月の医療費上限は10000円です。
  • 市町県民前が2万円以上、20万以下の場合、1ヶ月の医療費上限は40200円です
  • 市町県民税が20万以上ですと、残念ですが公費負担の対象外となります。

 

その他、病気をよくするためにデイケアに通う費用も1割負担になります。

 

デイケアの内容としては

 

料理、手芸、ヨガ、陶芸、絵画、映画鑑賞、ボーリング大会などの球技

対人関係を勉強する講座、

 

などが医療機関、または公的機関で行われています。

 

なお、私の通っているメンタルクリニックでもデイケアを行っており

実際に、かなりつらそうな鬱病の40代男性が

毎日デイケアに通って、症状が軽減した例があります。

 

メンタルクリニックで、デイケアを行っていない場合、公的機関でデイケアを

行っている所がないか、相談してみてください。

 

相談する場所は通っているメンタルクリニック、または役所がいいと思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加