読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らしで統合失調症、寛解したことを伝えるブログ!

家族に死に別れて、天涯孤独になり、統合失調症になったアラフィフの女性が、一人で生きていく道

私が経験した向精神薬の副作用  その3 遅発性ジスキネジア

これはかなり最近のことになります。

 

私は医者に処方されて、セロクエル200mm を2年間位続けて飲んでいました。

そして2015年の4月末、パソコンでネット回覧をしていたら

 

急にアゴがガクガクガクと動きました。音を立てて動く、という感じです。

続けて、手足がガクガクガクと痙攣しました。

 

5分位、痙攣が続きましたが、収まりました。

それで買い物に行くために自転車に乗ったら

 

急に口が動き出しました。勝手に口が「あいうえお」と言っているように動くのです。(声は出ません)

 

次に舌が口の中でグルグルと勝手に回り出しました。

時々、舌を口から突き出す感じになります。

 

「ああ、これは薬の副作用だ」

と、思いましたので、5月の初め、医者に

「薬の副作用が出ましたから、減薬して下さい」と頼みました。

 

遅発性ジスキネジアは、向精神薬を長期間飲んだ時に出ます。

私の場合セロクエル200mm、2年間が効いたのでしょう。

 

急いで薬を半減しました。

医者が言うには「セロクエルは離脱症状が出ない薬

 

ということなので、1ヶ月で200mmを100mmに減らしたのですが

しっかりと離脱症状が出ました。

 

とにかく憂鬱で、死にたくなるのです。

うつ状態になり、しんどかったです。

 

が、1ヶ月で離脱症状は収まり、遅発性ジスキネジアも収まりました。

 

ある医者に言わせると セロクエルの200mmぽっちで遅発性ジスキネジアなぞ出ない。ということでしたが、私には、しっかりと症状がでました。

個人差がある、ということなのでしょう。

 

その後、再び「口が動く」という症状が出て、セロクエルは75mmまで減らしました。私にはこの量で調度良かったようです。

 

もう少し自信が付いたら、セロクエルを50mmまで減らしたい、と思っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加