読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らしで統合失調症、寛解したことを伝えるブログ!

家族に死に別れて、天涯孤独になり、統合失調症になったアラフィフの女性が、一人で生きていく道

統合失調症 寛解までに役に立ったこと その3 向精神薬の量を減らせたこと

何度も書いているのですが

私はセロクエル200mmを2年間飲んでいました。

 

途中でジプレキサに変えた時もあるのですが

たちまち副作用()が起きて、またセロクエルに戻りました。

 

統合失調症の薬で、私が飲めるのはセロクエルだけ、という状態です。

 

そのセロクエル、一時は250mm出されていました。

(こういうことはお薦めはしませんが)自分で250mmは多すぎる、

と思って、200mmしか飲みませんでした。

 

医者に言わせるとセロクエル200mmというのは、

統合失調症の治療用としては、かなり少ないということで

(セロクエルは最大600mm飲むことができる)

 

そんなもので、副作用が出るわけがない。

という意見だったのですが、

 

私には、口が動く、手足の痙攣が起きる、という副作用が起きてしまいました。

そこで、急激にセロクエル75mmにまで、減らしました。

 

結果として、この量が、私の統合失調症には適量だったらしく

以後、幻聴はほとんどなくなり、不安感も少なくなりました。

 

不思議な事ですが、セロクエルを200mm飲んでいた時には幻聴

独語、があったのです。

 

薬というものは、ただ量を増やせばいい、というものではない、と

私の経験から、言わせてもらいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加