読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らしで統合失調症、寛解したことを伝えるブログ!

家族に死に別れて、天涯孤独になり、統合失調症になったアラフィフの女性が、一人で生きていく道

統合失調症 グループホームに何日か泊まってみた経験 その2

私はゲストとしてグループホームに泊まったので

グループホームに入所して暮らしている皆さんとは生活サイクルが違います。

 

早い話がゲストだと、好きな時間に入室して、好きな時間に家に帰れます。

(事前予約は必要)その他はお風呂に入る時間、食事を取る時間以外

決められたことはなにもありません。

 

私の場合、ゆっくり寝る、の他に持ち込んだDVDプレーヤで昔の映画をみていたりしました。

 

施設によると思いますが、私の行った施設では、ネットのできるパソコンが1台しかなく、一人の入居者が、ずっとそのパソコンでゲームをやっていて、他の人はあまりパソコンを使えない状態でした。

 

勿論、散歩などは自由にできるのですが、田舎の施設だったので、周りには田んぼしかりありませんでした。。。。近くにコンビニもないのです。^^;

 

食事は3食出るのですが、これが非常にまずかったのです。あまりのまずさに

食事を断って、自分で夜用に弁当、朝用にパン、それからペットボトル飲料を持って行きました(冷蔵庫は各部屋にありました)

 

入所している皆さんは、皆、自立して自分のことが自分でできる人ばかりでした。

食事、トイレ、風呂、自分の物の洗濯。など各自でしていました。

 

その他に週の当番として、トイレ、共用の場所、風呂場、プランターの水やり

食器洗い、などは入所者がやります。

 

昼間は近くにあるデイケア施設に行き、デイケアの作業をします。

最終的に、グループホームを出て、各自アパートを借りて、

障害者枠で働きひとり暮らしをする。が目標のようでした。

 

入居者の年齢は、割合に若く、平均すると30代前半に見えました。

60歳のおじさんが「俺がここでは最高齢」と言っていました。

 

費用は、各家庭の収入や、住んでいる地域によって変わりますが

私の聞いたところでは1ヶ月に10万くらいのようでした。

その他に、各自多少の小遣いも必要だと思います。

 

グループホームに入るとこうなる

 

グループホームに入れる条件としては

自立して自分のことが自分でできること。が上げられます。

薬などもキチンと自分で管理して飲み、お金の計算ができること

掃除洗濯ができること、などがあるようでした。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加