読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らしで統合失調症、寛解したことを伝えるブログ!

家族に死に別れて、天涯孤独になり、統合失調症になったアラフィフの女性が、一人で生きていく道

統合失調症 寛解に役に立ったこと ほんのちょっとでも何かをする。

統合失調症の寛解への道

統合失調症の最盛期は、何をするのも嫌なものだ。

本当に、水を飲むのも嫌になる。

 

だが、統合失調症は、いつまでも最盛期でいるわけではない。

たまーに、雲の隙間から光が差し込むように

ほんのちょっと、気分が良い日もある

 

そんな時、少しだけ動いてみよう。

たとえばカーテンを開けてみる、ということだけでもいい。

 

カーテンを開けて、「あっ、今日は空が明るいな」

と、思うだけでいい。

 

ほんのちょっと動いてみよう。

 

今日はちょっと着替えをしてみよう。

 

今日はちょっと風呂に入ってみよう。

 

そんな小さな事でよい。少しずつ進もう。

 

 

今日、カーテンを開けられたら、明日は靴を履けるかもしれない。

そして次の日は、髪を切るために美容院に行けるかもしれない。

 

健康だった時と同じようにできると思わない。

 

病気になって、一回赤ちゃんに戻ったのだ。

 

赤ちゃんから始めよう。 ほんのちょっと動こう。

 

今日はカーテンが開けられた。

 

今日は下着を着替えられた。

 

今日は漫画を少し読めた。

 

そんな、ほんのちょっと を繰り返していこう。

 

それが寛解への道になる。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加