読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らしで統合失調症、寛解したことを伝えるブログ!

家族に死に別れて、天涯孤独になり、統合失調症になったアラフィフの女性が、一人で生きていく道

花見の季節と統合失調症 木の芽時と統合失調症 の関係

f:id:yume-oi:20160220141108j:plain

今年のサクラは3月の末に咲くか、4月初めに咲くか

今からでは予想が立たないが

 

昔から、木の芽時、といって、春先に精神状態が

不安定になる。と、言われている。

 

私の場合はどうだったか?と言うと、

桜の季節、春先は結構機嫌良く過ごせてきた。

 

もともと寒いのが苦手で 暑い方が楽、という体質なので

冬が終わるのが嬉しかった。

 

冬は、全体的に日が暮れるのも早いし、暗い感じがして

精神的に辛い感じがあった。

 

でも3月から桜の季節では、空も明るいし、日も伸びで

気持が楽だった。

 

では、私以外の統合失調症の人にとって、桜の季節はどうか?

というと、閉じこもるタイプの人にとって、春は辛いようである。

 

これは、私の通っているメンタルクリニックの患者さんに聞いた話なのだが

世間が明るくなって、行動的な季節になると

 

頭の中もざわつく、という、なんとなく落ち着かない気分になるというか。

 

だから昔から言われるい木の芽時に精神が落ち着かない、というのは

本当なのかもしれない。

このエントリーをはてなブックマークに追加