読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らしで統合失調症、寛解したことを伝えるブログ!

家族に死に別れて、天涯孤独になり、統合失調症になったアラフィフの女性が、一人で生きていく道

ホームレスの20%は統合失調症だ、という統計がある。

昔は、浮浪者、とか乞食、とか呼ばれていたものだが

今ではホームレス、と名を変えた。

 

ホームレスとは言っても、昔のように橋の下で

寝ている、というようなももではなく

 

昼間は、パートや、バイトをしていて、

ネットカフェで寝ている、というのもホームレスにはいるし

 

スーツ姿だったり、小綺麗なジーンズ姿だったりする人もいるから

昔でいう、乞食、とか浮浪者とかとは違うのかもしれないが。

 

パートやバイトをしているホームレスの中にはいないと思うが

現在、ただ街を放浪しているようなホームレスの中には

 

20%の統合失調者患者がある、という統計を読んだことがある。

 

実際、私も最寄りの駅で、大声で怒鳴りながら歩く

30代くらいの男性を見かけたことがある。

 

服装も、まったく構わない感じで酔っ払っているのではなく

「◯◯がやってくる、やっつけてやる!」

 

というようなことを咆哮しながら迂回して歩いていた。

 

「ああ、あの人は、もしかしたら統合失調症の患者さんかな」

と思った覚えがある。

 

統合失調症でも家族があり、住む所がある患者さんは

恵まれている。

 

例えば、家族がない一人暮らしの人が統合失調症を発病した場合

または、家族がいても家族から見放された統合失調症患者の場合。

 

アパートなどを追い出されたら、ホームレスになるしか

ないのではないだろうか?

 

私も家族のない統合失調症患者なので

他人事ではない。

 

たまたま私の場合

  • 症状が比較的軽かった
  • 住む家と、細々と暮らしていけるお金があった。
  • 自分が病気だという意識と、治そうという意思があった。

 

以上のことが幸いだったと思う。

 

ホームレスになってしまった統合失調症患者は

行政に発見されれば、治療され、それなりの施設に収容される。

 

だが、発見されなかった統合失調のホームレスは

街の中で幻聴や幻視に悩まされながら、歩きまわっているのだろう。

 

それを思うと、心が痛い。

 

もし、ここを読んでいらっしゃる、統合失調症の患者さんで

家族の方に見守られている方は、自分には幸せな一面もある

と感じていてくださればいいな、と思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加