読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らしで統合失調症、寛解したことを伝えるブログ!

家族に死に別れて、天涯孤独になり、統合失調症になったアラフィフの女性が、一人で生きていく道

統合失調症になる人は頭がいい という俗説に私が思うこと

統合失調症の症状

f:id:yume-oi:20160504123913j:plain

 

ごく一部の情報なのだろうが

統合失調症にかかる人は、頭が良い人という俗説がある。

 

この件について、質問を頂いたので、私の考えを書いてみる。

 

統合失笑賞を発病するのは圧倒的に若年層が多い

たまに30歳を超えて発病する方もいるが

おそらく、70%くらいは10代〜20代前半で発病することが多いと思う。

 

そして、統合失調症を発病する患者の多くは

 

  • 親が非常に過保護で、過干渉である。
  • 親が、非常に子供に手をかけない(いわゆるネグレスト)

 

の2種類で、ある。

 

このうち親が非常に過保護で過干渉の場合の統合失調症は

 

親は子供に注意を集中し、勉強させる。

ハウス加賀谷さんの出した本、統合失調症がやってきた では

 

 

加賀谷さんが、小さい頃(小学生)お母さんが、非常に過干渉で

あったことが書かれている。

 

小学生の加賀谷さんは、遊ぶ暇なく、塾だの、習い事に通わされていたらしい。

加賀谷さんは、素直な子供で、お母さんの言いつけに逆らえず

極限まで勉強だの習い事に通っていた。

 

まあ、そういう状況だと、小学生くらいでは、非常に成績のいい子になるのは

想像にかたくない。

 

で、加賀谷さんは中学校の時に統合失調症を発病するわけだが

周りから見たら、成績のいい(頭のいい)子が統合失調症にかかった。

と思うだろう。

 

そういう事態が統合失調症に罹る人は頭がいい、という俗説を呼んだ

と、私は想像している。

 

どこかで、統合失調症とIQの関係を示している資料を見付けたら

またお知らせしたい。

 

関係ないが、アドルフ・ヒトラーのIQは150だったそうだが

高いIQは狂気を呼ぶことがあるのかもしれない。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加