読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らしで統合失調症、寛解したことを伝えるブログ!

家族に死に別れて、天涯孤独になり、統合失調症になったアラフィフの女性が、一人で生きていく道

統合失調症 幻聴とのつきあい方

f:id:yume-oi:20160912170504p:plain

 

統合失調症になった場合、最初に気がつくのは幻聴ではないだろうか?

 

私の場合は、強い不安感と不眠が最初だったが、それが病気とは思えなかった。

ただ、自分のだらしない心がそのような気持ちにさせるのだと思っていた。

 

だが、強い不安感が続いて、辛さが最高潮に達した時、

ある宗教団体のチラシが、家の郵便受けに入っているのを見つけた。

 

それは「手かざし」を売り物にした宗教団体だったのだが

この「手かざし」というのは昔、知人に薦められた治療法だった。

そんなところに縁を感じて、その宗教団体に入ってしまった。

 

「手かざし」をしたら、不安感が消えるか? と思っていたら

ぜんぜん違う結果になった。

手かざしを受けたら、幻聴が聞こえるようになったのだ。

 

幻聴は一日中聞こえた。主に聞こえたのは

「ろうそくが消えた、うるしばらがいない」

であった。まるで意味がわからない ^^;

 

幸いだったのは「お前は馬鹿だ」とか「死んでしまえ」

というような幻聴が聞こえなかったことだ。

 

誰かが悪口を言っている、とかいうのではなかった。

 

「雪の日に死んでいくお前を見ていた」というのも聞こえた。

どうも私の前世の出来事を語っているらしい。

 

前世、戦国時代に私には兄がいて、その兄が雪の中で死んでいく

私を見つめていた。ということらしいのだ。

 

その幻聴が聞こえて、坊さんにお祓いをしてもらったり

宗教団体に手かざしをしてもらったが、全然よくならないどころか

だんだんひどくなった。

 

そこで、ネットで調べて統合失調症、という病名に行き当たり

メンタルクリニックに通いだした。

 

最初に通ったメンタルクリニックでは、エビリファイとジプレキサを

出してくれたが、副作用がひどくて続けられなかった。

その医者に副作用を訴えても薬を変えてくれなかった。

 

そこで違うメンタルクリニックに行き、事情を話したら

セロクエル25mmg 1錠を出してくれた。

私にはセロクエルが効いたし、副作用も出なかった。

 

セロクエルを飲んでいても、幻聴は聞こえたが

前よりも明らかに減った。

 

私は自分が統合失調症という病気で、その結果、幻聴が聞こえる

ということを理解した。その結果。自分の幻聴を聞き流すことが

できるようになった。

 

幻聴が何を言い出しても「これは脳の誤作動」と思うことで

聞き流すことができるようになった。

幻聴はうっとうしいが、「脳の誤作動」だと思うと案外すんなりと

聞き流せる。

 

今、私はほとんど、幻聴が聞こえなくなっている。

薬はセロクエル75mm とワイパックス0.25mmg である。

 

薬の量を、ここまで調整するには、結構長い道のりだったが

 

結局、統合失調症を治す方法は自分が病気である、と自覚すること

 

だと思う。自分が病気だと思えば薬も抵抗なく飲むことができる。

病気だと思えば、幻聴も聞き流すことができる。そこが一番大事だ。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加