読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らしで統合失調症、寛解したことを伝えるブログ!

家族に死に別れて、天涯孤独になり、統合失調症になったアラフィフの女性が、一人で生きていく道

ブログに見る自殺の発生率について

統合失調症 自殺

f:id:yume-oi:20170105171029j:plain

 

偉そうな表題をつけてしまいました。

私は、明朗快活なブログはあんまり読んでなくて

どっちかというと、陰気でメンタルに問題のある方のブログを

愛読する傾向があります。

 

自分自身、明朗快活な性格ではない、と思っているのですが

陰気なブログを読んでいると、陰気な考え、というのが底知れずに存在していて

私など、非常に平凡な思考を持っているのだなあ、と確認できてしまいます。

 

例を上げると、毒親に育てられ、40歳を過ぎても親に認められたくて

延々と親に認められようとするアピールをするのだが、全然親は認めてくれない。

というのが多いです。

 

私など、認めてくれない親ならこっちから捨ててやればいい

と思うのですが、それは毒親を持った経験がないから言えることみたいです。

 

そんなこんなで、愛読しているブログでは昨年度5件ほど自殺する予告がありました。

 

そういう予告を読むと、何とかして、助けに行けないかな?

と、ついつい思ってしまうのですが、ブログ作者の住所も知らないし

どうしようもないんです。

 

そういうブログは決まって1ヶ月間くらい、書き込みが途絶えます。

それで、読者としての私はドキドキしてしまうわけですが

 

1ヶ月後くらいに自殺予告した作者は、平然と、何事もなかったように

ブログに再登場してきます。

 

よくわからないのですが、自殺が未遂に終わったか、自殺そのものを

しなかったか? どちらかなのでしょう。

 

そんなこんなで、私は、自殺というものは、生きることと同じくらい

難しいことなんだろう、と思います。

どうせ難しいならば、生きるほうを選んだほうがお得ではないでしょうか?

 

このエントリーをはてなブックマークに追加