読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らしで統合失調症、寛解したことを伝えるブログ!

家族に死に別れて、天涯孤独になり、統合失調症になったアラフィフの女性が、一人で生きていく道

親子揃って統合失調症、Sさん(男性)の場合

統合失調症 家族 統合失調症 結婚

f:id:yume-oi:20170204153704j:plain

 

Sさんは35歳の統合失調症患者です。

18歳で統合失調症の症状が出始めました。

治療しながら、作業所へ行ったり

アルバイトをしたりしていました。

 

ところが、Sさんはなかなか社会に馴染めませんでした。

作業所でもいじめられたり、バイトをクビになったりしました。

 

22歳のとき妄想にかられて、暴れて入院になりました。

2年入院して、症状が軽くなり

一人でアパート暮らしを初めました。

 

この時、良かったのは障害年金をもらえるようになったことと

働ける場所を得たことです。

 

今まで、どんな職場でも続かなかったSさんですが

やっと、障害者を受け入れてくれる働きやすい職場を得ました。

 

働き方としては、短時間パートのようなものですが

障害年金と合わせると、多少の貯金もできるようになりました。

 

その職場で同じ病気のMさんと知り合い、

今では結婚に向けて準備をしています。

 

ところでSさんのお母さんも統合失調症だったのです。

 

統合失調症のお母さんは、それでもSさんのことを

大変愛しており、Sさんのためになるように、と

自分も短期パートで働き始めました。

 

そこに愛があれば、統合失調症の親子でも道はあります。

 

Sさんが無事に結婚し、お母さんも平和に暮らしていけることを

私は願っています。

 

自分も短期パートで働くようになりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加