読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らしで統合失調症、寛解したことを伝えるブログ!

家族に死に別れて、天涯孤独になり、統合失調症になったアラフィフの女性が、一人で生きていく道

統合失調症患者の自殺率は患者の10%、という説

統合失調症 自殺

f:id:yume-oi:20170214163311j:plain

統合失調症患者さんの平均寿命と死亡原因:疾患とMetS(疾患脆弱性)|Next Challenge

 

統合失調の発病は100人に1人、と言われています。

日本の人口を約1億、と考えれば日本国内の統合失調症の患者さんは

約100万人になります。

 

そのうち10%の方が自殺、ということですと、統合失調症の患者さんの

自殺者は10万人になります。この場合、自殺行為、ということで

自殺を試みたが死ねなかった(自殺未遂)も含まれます。

 

 

統合失調症の患者さんの自殺は、どんな時に行われるか?

というと、陽性症状である、幻想幻視が盛んな時、

というのがすぐに頭に浮かびますが、

陰性症状で、心が落ち込んでいる時にも行われることがあります。

 

それと同時に、自殺をほのめかすサインというのも

周囲ではなかなか気づきにくい面もあります。

 

なかなか難しい問題です。

 

 

卯月妙子sんの場合は、陽性症状で心も軽く

「今なら空も飛べる」と思って歩道橋から飛び降りた

ということですので、(自殺未遂だった)

統合失調症患者さんの、自殺時期は、一概に推し量れないものがあります。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加