読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らしで統合失調症、寛解したことを伝えるブログ!

家族に死に別れて、天涯孤独になり、統合失調症になったアラフィフの女性が、一人で生きていく道

統合失調症 向精神薬はいつまで飲めばいいのか? 私は寛解しても飲んでいます。

f:id:yume-oi:20170221161640j:plain

 

統合失調症がよくなり始めると、最初に考えるのは

薬を止めたい」といいうことだと思う。

 

症状が良くなっているのだから、もう薬はいらないのでは?

と、いうのは私も思った。

それで、少しずつ減らしてみた。

 

だが、ある程度減らすと、やはり統合失調症の症状がぶり返してきた。

私の場合、独語が始まった。恐怖心も出てきた。

 

今、私の飲んでいる向精神薬は、一番ひどい症状が出ていたときの

三分の一の量である。

 

具体的に言えば、セロクエル60mmg と ワイパックス 0.5mmg

程度である。

 

私は最盛期は セロクエルを200mmg 飲んでいた。

それを2年位続けて、副作用(手足のけいれん、口のけいれん)が出てきたのだが

それを機に、少しずつ薬を減らし、現在の量に落ち着いている。

 

薬を飲まずに済ませたい、という気持ちは今でもあるけれど

考え方を変えれば、これだけの薬を飲んでいれば、平常に暮らせるのである。

 

おまけに自立支援の認定を受けているので、薬代も1割負担ですんでいる

(せこくてすみません ^^; )

 

統合失調症の治療の目的は、薬を無くすことではなく、できるだけ

普通の生活をおくれるようになることなのだ。

 

それを考えれば、少しの薬を飲み続けることくらいは何ともない。

症状にあった薬なら、一生飲み続ける、という覚悟で治療に当たろう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加