読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らしで統合失調症、寛解したことを伝えるブログ!

家族に死に別れて、天涯孤独になり、統合失調症になったアラフィフの女性が、一人で生きていく道

私が統合失調症になって、不幸だったか? というとそういうわけでもない、という話

f:id:yume-oi:20170224155246j:plain

 

 

私が統合失調症になってから、7年がたちます。

最初は、ぞくぞくするような恐怖感が背中に貼り付いて

心が落ち着かなくて、怖かったです。

 

次に、幻聴が聞こえました。

ここで、統合失調症に気づいて、治療を始めます。

ごく少量の薬から始めて、段々に薬が増えました。

 

しばらくは薬の力で恐怖感を抑えていた感じでしたが

薬の量に、身体が付いていきませんでした。

私の飲んでいるセロクエルなんですが200mmを2年位飲んだら

副作用が出て痙攣が起きました。

 

200mmのセロクエル、というのは医者の意見では

たった200mm」というような少量らしいです。

ですけれど、私は副作用が出ました。

これは私の年齢があるのかもしれません。50代で統合失調症が出ましたので

まあ、老人組です。^^;

 

統合失調症というのは、大概が10代~30代始めくらいに発病します。

若いと体力がありますから、私のような老人組より、同じ量の薬でも

副作用が出にくいみたいです。

 

で、たった1ヶ月でセロクエルを半量にしました。200mm→100mmです。

医者はセロクエルは離脱症状が出ない薬だからと、急激に減らしました。

 

おーい、セロクエルだって離脱症状出るよお!

 

私にとって、離脱症状は、ものすごくしんどかったです。

とにかく辛くて死にたくなりました。

でも、自殺って出来ないんですよね。人間は本能的に死を逃れようとします。

 

といっても、セロクエルだったせいか、離脱も1ヶ月で収まりました。

それから、寛解しました。不安感もなくなり、幻聴、独語も消えました。

 

今では、何であんなに幻聴独語があったのか? と不思議に思うくらいです。

 

寛解しても、病院には通い続けいますし、薬も飲み続けています。

今はセロクエルが60mm と ワイパックスが0.6mm です。

薬を辞めたい気持ちはありますが、逆に、このくらいの量の薬を飲んでいれば

普通の生活がおくれるんだ、と思えばありがたいです。

 

で、私が統合失調症にかかって不幸だったか? というと、寛解した今だから

言えるのかもしれませんが、そんなに不幸な体験ではなかった、と思います。

 

統合失調症になる前、私は母親を亡くして、一人ぼっちになりました。

天涯孤独、というやつです。

 

それで、かなり神経をやられていました。統合失調症になることで

母の死んだ悲しみから、少しい目が離せたと思います。

それと、人間の心は壊れる、ということを理解できました。

 

人間の心って壊れるんです。割合弱いものなんです。

統合失調症になる前、私は自分が精神を病む、とは思ってもみませんでした。

「何で私が?」という気分でした。

 

統合失調症になる前、私は今より傲慢な人間だったと思います。

病気になって少しだけ、前より優しい人間になれた気がしています。

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加