読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らしで統合失調症、寛解したことを伝えるブログ!

家族に死に別れて、天涯孤独になり、統合失調症になったアラフィフの女性が、一人で生きていく道

統合失調症 向精神薬の副作用 寝糞をするとは?

f:id:yume-oi:20160823150634p:plain

 

 

卯月妙子さんの漫画で知ったことですが

統合失調症の症状がひどくなってきますと

処方される薬の量が増えます。

 

私にも経験があるのですが、向精神薬を飲むと、睡眠が深くなるんですよね。

というか、下手をすると眠りっぱなしになります。

 

私が最初にセロクエル25mmgを処方された時は

毎日毎日、朝10時過ぎまで寝てました。

そういう日が1年位続いたと思います。

 

いまでもセロクエルを飲み忘れると全然眠気が来ません。

12時過ぎに寝て、朝9時過ぎまで寝てます ^^;

 

そういうわけで、向精神薬を多量に飲むと、眠気が来ます。

そして、眠り過ぎで寝糞をしてしまうのだそうです。

 

寝小便、というのは聞いたことがありますが

大人で寝糞、というのはすごいな、と思いましたが

卯月さんは、そのために毎晩紙おむつを履いて寝ていたそうです。

 

こういうのは、かなり重度の統合失調症の患者さんで

かなりの量の薬を処方されている場合だと思います。

 

いずれにしても、向精神薬の量と効き目、というのは

いろいろと調整がむずかしいものです。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加