読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らしで統合失調症、寛解したことを伝えるブログ!

家族に死に別れて、天涯孤独になり、統合失調症になったアラフィフの女性が、一人で生きていく道

統合失調症 私に現れた幻聴、独語 それはいつの間にか消えていった。

統合失調症の症状

f:id:yume-oi:20170216171352p:plain

 

今は嘘のようにすっかり消えてしまいましたが。

 

私の統合失調症の症状は、幻聴、独語、不安感でした。

幻聴で聞こえる言葉は決まっています。

「うるしばらがいない」「古新聞、古雑誌」「死んでしまえ」「ロウソクが消えた」

他にもあるのですが、主立ったものはこの4つが多いです。

 

うるしばら、といいうのは、あまりに良く聞こえるのでなんだろう?

と思ったのですが、調べても全然判らないです。

漆原、という人の名なのかも知れませんが、まったく意味がないのかもしれません。

 

「うるしばらがいない」と言うのですから、多分人の名なのでしょうが、

誰なんだ、それは? という状態です。

 

独語、というのはじぶんでしゃべってしまうことですが

何の前触れもなく、一人で話しています。

 

これは会話になるのではなく勝手にしゃべる感じです。

「うるしばらがいない」

「雪の中で死んでいたお前を見ていた」

 

もう、まるで意味がわかりませんが、しゃべっています。

幸いなことに、それほど大きい声でしゃべるわけではないので

(多分)周りの人は気がつかないだろうと思います。

 

この幻聴、独語はそれほど辛くありません。(うっとうしいですが)

華麗にスルーできます。

 

本当に辛かったのは不安感です。背中にべったり張り付いた不安感。

これが本当に辛かった「。

 

幻聴と言語は薬で消えていた時期があります。

それが薬を増やした時で、セロクエルを100mmから200mmにしました。

3ヶ月くらい幻聴、独語、不安感が消えました。

 

 

が、3ヶ月が過ぎると、またボチボチと幻聴、独語、不安感が戻ってきました。

そして、薬を増やした2年後には、大きな副作用に襲われたのです。

 

私の、幻聴独語が消えたのは、あまりにもあいまいな表現で申し訳ないのですが、自分の心の持ちようでした。

 

怖がっても、心が伸び伸びしてても、時間は同じように過ぎる。ではほんのすこしでも怖がらないでいてみよう。

 

最初は2~3分、意識の力で緊張を緩めました。そうしたらできたのです。

「ああ、少し出来た、じゃあもうちょっと頑張ろう」

そうやって、だんだんに心の緊張を解いていき

今では幻聴、独語はほとんどなくなりました。:

このエントリーをはてなブックマークに追加