読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らしで統合失調症、寛解したことを伝えるブログ!

家族に死に別れて、天涯孤独になり、統合失調症になったアラフィフの女性が、一人で生きていく道

自分で統合失調症だと気づいた日

連日、幻聴と不安感に怯える日々が続き
 
思い余った私は、インターネットの除霊のページを検索しました。
 
 
そしてあるページに行き当たりました。
 
私の顔の画像をメールで送れば、霊が憑いているかどうか判断してくれると言うのです。
 
もし、霊が憑いているなら出張して霊を祓ってくれる、というのです。
 
私は迷わず、そのページの相手に自分の画像を送っていました。
 
費用は1万5千円でした。
 
 
そして、その返事は
 
「あなたに霊は憑いておりません、統合失調症などの病気ではないか? と思われます
 
 心療内科に行かれたらどうですか」
 
と、いうものでした。
 
私はここで、初めて「統合失調症」という言葉に行き当たります。
 
 
ネットで必死になって統合失調症の症状を調べ、それが自分にすっかり当てはまる
 
と、納得しました。
 
この、ネットで霊を祓う、と言った人が本物の霊能者だったかどうかはわかりません。
 
現に、この「霊を祓う」ということをうたったホームページは1年後にはなくなっていました。
 
 
けれどネットの霊能者が本物でも偽者でも、私はどっちでもよかったのです。
 
その時の私の思いは
 
「統合失調症という病気」→「医者に行けば治る」
 
だったのです。
 
 
その後、私宗教を止めました。
 
一切かかわりを断ちました。
 
今後一切、どんな宗教ともかかわるまい、と決心していました。
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加