読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らしで統合失調症、寛解したことを伝えるブログ!

家族に死に別れて、天涯孤独になり、統合失調症になったアラフィフの女性が、一人で生きていく道

ASKA は 統合失調症か? 覚醒剤中毒か?

《1月9日、歌手のASKA(57才)がインターネット上で手記を公開した。

20章、95000字という長大な手記だったが、一日で消滅した。

 

ASKAは2014年9月に覚醒剤取締法違反で有罪になってから、表面から消えていた。そこに突然の手記発表だ。

 

ASKAの手記によると盗撮、盗聴に悩まされたため、覚醒剤を使用した瞬間

ゾクっとして髪の毛が逆立つのが分かった(中略)視界がキラキラして目が冴えている。私はアイテムを得たように強気になった

ということである。

 

ASKAはそのまま覚醒剤中毒へと移行していくが

 

今もなお、盗聴されている、盗撮されている、という意識が抜けないようだ。

 

これは統合失調症なのか、覚醒剤中毒の残存なのか、判断に迷うところだが

 

ASKAは、元々統合失調症であり、そこに覚醒剤が加わったため

 

症状が重くなったのではないか? と私は推察している。

 

実際、覚醒剤中毒と、統合失調症の症状というのは見分けが難しい、といわれている。

 

だが、統合失調症は病気であり、覚醒剤中毒はいわば犯罪である。

 

こういうことで、統合失調症の患者が白い目で見られることが増えるのではない

 

か? と私は危惧している。



このエントリーをはてなブックマークに追加