読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らしで統合失調症、寛解したことを伝えるブログ!

家族に死に別れて、天涯孤独になり、統合失調症になったアラフィフの女性が、一人で生きていく道

統合失調症の発病、最初のサインは何日も寝られないこと。時には睡眠薬も使ってみて。

統合失調症の睡眠

f:id:yume-oi:20160220154323j:plain

 

私が統合失調症を発病した、最初のサインは夜眠れないこと

だった。

 

頭が興奮して、または恐怖感で緊張して

睡眠に入れない。

 

眠れない→ 健康に悪い。→死んじゃうんじゃないか?

というように思考が回転して、ますます眠れない。

 

私の場合、マンションの上階が騒音を出す家族だったので

眠っても、途中で(音がして)起こされるのじゃないか?

 

という恐怖感で、統合失調症をはつびょうしたような気がする。

 

その時に、マンションを売ろうかと考えて

いろいろ行動してみたのだが

 

 

田舎のマンションなので、ごく安くしか売れず。

そこで思考が停止してしまった。

 

誰でも1日や2日、眠れずに寝床の中で

寝返りを打って夜明けを待つことがあるものだが

 

さすがに2日も眠れなければ3日目は眠れる。

が、統合失調症の前駆期には本当に眠れないのだ。

 

私はそれで、参ってしまい、最初は内科で睡眠薬をもらっていた。

 

どうしても眠れない時は、睡眠薬を飲むのも一つの方法だ。

 

とにかく心を落ち着かせて、眠る。

 

場合によっては少しお金がかかるが、静かなホテルで眠ってみる

という方法も使えるだろう。

 

 

何日も眠れない日が続く・・・それは統合失調症の前触れかもしれない、早めにメンタルクリニックで相談して欲しい。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加